Web Hatsukaichi sakurao100                     
Since 9.26.2009                   
 
お主サイト 郷文研の廿日市の文化

廿日市市郷土文化研究会  Hiroshimaken  Hatsukaichishi
              
今日は 
   神鹿 shinroku
凡そ六百四十年前、南北朝時代の応安四年(1371年)鎮西探題として九州に向かう途中この地に寄った今川了俊(貞世)の『道ゆきふり』という紀行文には、「九月十九日かひたの浦からしほひの浜を通って佐西の浦に到着し、翌二十日厳島に参詣し夕方佐西の浦に戻り、翌二十一日佐西を出て、地の御前といふ社の西ひがたより山路に入るほどに ...云々」とあり、南北朝時代には、この地が「佐西の浦(ささいのうら)」と呼ばれていたことが知れる


廿日市の魅力発見

厳島神主家の居城 桜尾城

 桜尾城はいつごろできたのか。

江戸時代に廣島藩で編纂された「芸藩通

 志」には,桜尾城は鎌倉幕府を開いた源

頼朝の弟範頼の子孫である吉見氏が築い

たとある。  
江戸時代廣島藩編纂された「芸藩通」には,桜尾城鎌倉幕府いた源頼朝弟範
子孫である吉見いたとある。
しかしいつたのかは不詳である。 

廿日市宿を見守る天神

     天神の常夜灯の油料

 廿日市の湊を見下ろす天神山に鎮座する
 天神坊の鐘楼堂の横に常夜灯が残ってい
 ます。廿日市の問屋商人が・・・・・・
 


 
Windows10標準のWebブラウザーMicrosoft Edge推奨
 Since 9.26.2009            Web Hatsukaichi sakurao100
 
  


Copyright(c) 2009 Web Hatsukaichi sakurao100. お主サイト. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。